れもはRO戦記
ラグナロクオンラインに特化した、きまぐれ日記や戦記。 個人でのHiwizに関する見解を書き連ねています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/26 Pv 萌vs宿連vsRe
恒例のGv後PvP合戦。

今回もこうちゃんの宅急便は現れず。

変わりに「」+「ネンカラ宿連」が登場。

いつもどおり23時に集合。
こちらの構成は
Hipri 2 支援
Hiwiz 1 防空
Prof 2 LP+妨害+debuff
AssX 2 火力 
Crown 1 スキル前後ディレイ補助+AssX補助
Champ 1 要職暗殺
Dance 1 膠着打開職
LK  1 相手陣攪乱
Chase 1 退路攪乱&フルスト

火力がAssX2とChamp1で少々薄いが、相手の陣を攪乱できるLKとChase加わった事により安定性が高まった。
Danceとの連携により、膠着状態を打開し、自陣有利に戦闘を運ぶ事ができる要素に厚みがでた構成。
じっくりだが、長期戦になればなるほど有利に傾く構成なので、個人的には勝負を焦らず、追わず、それぞれの基本を重視&確認しながら進めていきたかった。
どうみても、速攻勝負の構成ではないです。

萌+混成PT構成

Hipri 2 支援
Hiwiz 1 防空+火力
Prof 1 LP+妨害+debuff
AssX 2 火力
Snip 1 火力
Crown 1 スキル前後ディレイ補助
Champ 2 要職暗殺
LK  1 相手陣攪乱+火力
Create 1 フルコート+鎧破壊

メンバーを見て、だいたいの役割を想像してみる。
萌は自他共に認めるまとまりのなさがあるが、瞬間的な攻撃能力と殲滅能力、攻撃時の連携には侮れない物がある。
よって、エンカウント初期での相手火力をどう捌くかで勝敗がほぼ決まる事になる。
こちらはLPを張る方向に動くので、自陣防空には難があり、相手陣との境目にSG1を満遍なく落とすくらいしかできない。
相手Champが2名なので個人単位でハイドもしくはLPの貼られていないSG範囲を意識し、また飛び込んでくるLKを速いうちに捌けるかが鍵だった。
一番やっかいだったのが、Createによるアシッドとコート
コートは明確な事は分からないが、鎧破壊対策がこちらも鎧をコートしなければならず、相手のフルコートにはこちらのChase対策としても使う事ができた。
安定性としてはこちらが上だと思うので、相手の殲滅型SGをLPで素早く無効化し、LKを阿修羅で仕留め、AssXを蜘蛛で引き下がらせることができた時、戦闘は有利に進んだ。
逆に首都噴水左の戦闘の時は、ブラギ付き殲滅型SGがこちらの陣に直撃し、PTの位置関係から味方キャラが相手PTの方角に流れ、一気に崩された感じになった。
相手Champ2名は脅威の存在だったが、PTで纏まって行動する傾向があまりなかった分、PTエンカウント時は普段より楽だったが、ゲリラ的に襲撃してくる可能性があったため、待機時においても気を抜く事ができなかった。
相手wizは主にLvが高めのSGとLoVを多用してきたが、萌の構成と性質上選択はよかったと思う。

今回の感想は、一言に尽きます。
「Seiha頑張りすぎ!」
多分、君が敢闘賞。
それだけやってると、うまくなっていくよ、まじで。
まぁ、うちのオヤビンに1秒で阿修羅されてるのを見ると可哀想でしたが。

反省点は、
・自PTの構成を開始時によく把握し、全体的な動きでどういった戦い方になっていくのか流れをイメージしておく。
→構成に背いた戦闘してもグダグダになっちゃう。
・もちろん相手PTの構成も見ておき、自分の役割と目標をよく確認しておく。
→上記2つ基本ですよね。多分全員できていたと思う。でも一応確認。
・複数から意見がでたが、PTとしてのまとまりを意識して動く。
→よく気付いたらPTが2つに分かれていた。
次なる課題は、ソロに釣られないにしたい。
相手PTの人間に発見された場合、PTの待機場所を移動させるのがセオリーであるが、それ以外待機時、逃げるソロを追わないようにする。
過剰反応の抑止。
・かといって、まとまりすぎるあまり、相手SGなどの標的にならないようにする。
→私はSG落とす時に、相手ブラギを巻き込むように指定します。

後は、宅急便がいないことで、みんなのやる気が半減した事。
確かにライバル的存在がいないことは寂しいですが、消沈してる場合ではありませんょ。
現に萌PTに敗戦してる場面もあるし、それがいくらソリストの影響もあるからといって、言い訳にはなりませぬ。
萌PTは将来的に宅急便と同等の勢力になってくると思います。

来週は宅急便頑張ってください。
スポンサーサイト

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

2/12 Pv こうちゃんの宅急便vsRemember
昨日、バイト先でどちらが先に休憩入れるかを賭ける事になり、

次に入ってきた客が「男」だったらお前、「女」だったら俺ね。

と決まり、客が入ってくるのを待ちました。
数分後ガーっとドアが開いて、人が入ってきたので一斉にそちらを見たわけですが。

え、、、男か女か、わかんねえ

私だけが分かってないのかと思い、他の子の様子を見たのですが、

全員が、未知の深海魚を追っている目になっていました。

書くのが非常に遅れましたが、2/12日のGv後23時からPvで恒例っぽい、こうちゃんの宅急便ギルド(以下宅急便)vs Remember(以下Re)ギルドの12人PT戦がありました。

以前は私は参加しないか、その2つのギルド外の人とPTを組み第三勢力として対抗していたわけですが、(時にはソロの時もありました)

今回はReの一員として参加しました。

PT構成は、
こうちゃん:Re
HiPri>2:2
HiWiz>2:1
Prof>2:2
AssX>3→2:3
Crown>1:1
Dance>0:1
Monk>1:0
Champ>0:1
Snip>1→2:1

待機


集合

upできるファイルが250Kまでで、そのままでもいけるのとダメなのがあって非常にメンドイ。。

構成としてはかなり似通っているが、Reがwiz1:宅急便wiz2ReDance1:宅急便が0の点が相違していた。
Profは宅急便、Reともに2名居たが、宅急便のLP持ちは1名だったがReのLPProfは両名とも使用可能だった。
戦闘前にお互い役目を相談し、役割分担をしていた。
wizのLP戦の感想を述べると、wizは1名で何とかなるだろうと思えた。
首都ならまだしも、アルベルタ戦では閉所戦が多く、LPもあるので仕事はあるが、2以上の動員は戦力を削る事になり得るだろうと感じた。
首都は2以上の価値もあるだろうとは思えた。
Danceは対LP戦の切り札としての活躍が期待できた。
ただ、Danceを含むPTの全体的なvitが低いのでブラキスクリームに耐えられるかが肝だった。
HiPriは両陣ともに支援に長けた者であった。
AssXは宅急便がSbr2名EDP1名、Re側はSBr3名だった。
CrownはReは耐久dex、宅急便はディレイ大幅減少int型
宅急便はMonk、ReはChamp。
Snipは宅急便はFA+罠と途中から2極、Reは耐久型FA。

双方戦力として伯仲で、LPが向き合い、膠着状態になる状況が多々見られた。
交戦時の移動観はやや宅急便が下がり気味に戦う事が多く見られた。
Reは要職が死亡し強制退出になっても、撤退の判断が素早くない事が多かった。(要職が死亡すると一気にそのままたたみかけられる事が多く見られた。事実上の敗戦かな)
一方宅急便は、ブラギ、wizともに全滅すると即撤退の様相を呈していた。
足並みは宅急便のほうがまだ上にあると思われる。
Reはアルベルタ戦以降、連勝が続いたせいか、少々勇み足になっているように思えた。
全ての戦闘の動画を見終えて、キーマンは、ReにDance宅急便にLPProfになるように思えた。
いかに相手PTに効率よくスタンを叩き込むか、いかに相手の唯一のLPProfをお帰り願うか。
その為には自AssX陣の連携パートが鍵を握っていた。
Pvに必要になってくるのは、即死ダメージor即死級の連続ダメージである。
AssXのブラギ付SBrにはそこまで持っていくことができる威力があるが、相手に回復剤を連打されると、一人では厳しい。
しかも12人戦の膠着状態ともなれば、ソロで前に出ても格好の標的にされる恐れがある。
従って2人、または3人同時に目標キャラを一斉攻撃し、素早く帰還という行動を意識的に行う事が理想だった。
それができていた戦闘は有利に進む事が多かった。
wizの役目は相手PTとの境界線の通路をSG1により常に開けておく事が理想だが、相手は2人とあって困難に感じた。
それを乗り越え、相手陣から浮いたキャラを倒してくるChampに感心した。しかし、本人にはまだまだ課題があるらしい。
後、相手Profからdisを簡単に貰わないようにするのが自分の今回の1つの目標だった。
1、Profから無駄ににdisを貰わない。→「支援ください」とbmから発言するための時間がもったいない。Priの手間が増える。支援が切れている時間行動が致命的に遅くなる。(Pvでの少々の時間は戦闘の勝敗に大きく関わってくる)
2、死なない。→当たり前の事だが、wiz1な上、死ぬとPriのリザする手間が増え、相手の士気が向上する。→相手に攻めのキッカケを作る事になる。ダメージを受けることにより、回復剤を押す手間が増え、多少なりとも手数が減る。よって、死なない事を突き詰めると、無駄なダメージを受けないというのが本来。
これには、自分のプレイスタイル自体を大きく変更することが必要であった。
いままでは、詠唱の速さにまかせ、SG10を連打し、時にはブラギサフラを貰って相手ブラギ目掛けてSGLoVを落としていたが、LPがある上、相手も相当な実力があるので(スペルブレイクなど)軽々しくそんなことはしてられない。
主にSG1を増やし、LoVを挟み、単体魔法は控え、装備はHP優先でdefを抑え、対遠距離装備を増やした。
サフラを貰えた時はSG10を使用した。
PTでの移動も、なるべく前にはでず、常にブラギとPriの位置を意識しながら移動した。

その他の気付いた点

相手Crownが隙を見てメイルブレイカCAをしてきていた。
自Crownが頻繁に夕陽AssXを演奏していた。
相手Snipがクラック装備を使用していた。
ゴーストリングは相手Prof、EDPAssX、自Prof、AssX、Champ、Snip

引き戦だが、場所にも拠るだろう。
基本は常に相手の北東を獲る。相手の意表を衝く。
引きながら相手の上に回りこめるようならいいが、道なりに引き戦をすると南の位置になってしまう場合。→アルベルタ7から8を経由して5など。
その場合はできるだけ引くべきではないと思う。
引き戦をする場合は常に相手PTを自PTに有利な地理条件に誘い込む事になるのはソロでもPTでも同じだと思う。
逆に、相手が引いているからといって、こちらが絶対に追撃しないといけない、ということはない。
相手PTの要職を倒せたならともかく、倒せていないのならば、誘い出されている事を疑ってもいい。
囲師には必ず闕き,窮寇には迫るること勿れ」孫子『九変篇』ですね。
敵を追撃する時は急ぎすぎるとかえって反撃の恐れがあるのです。
実際首都戦なども全てこちらが押しているように見えましたが、結果は敗戦でした。
相手PTの動きが見事でした。
しかし、要職などを強制退出させることができた時は別問題です。
倒せたことを確認できた人がPTにコールするとただちに追撃モードに入らなければなりません。
乱れに乗じてこれを取る」『孫子』、「剛の柔の決するなり」『易経』
マニアックですみません。
「三十六計、逃げるが勝ち」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、その『秘法三十六計』の内の2つがコレなのです。
押すべきときは押し、機を見るときは見る。
ソロとPT、共通する所は同じ対人戦だと言うことですね。
相手の心理を衝き、こちらの行動を決めるのは変わらないところだと思いますし、一番面白いところでもあると思います。

全然まとまっていない走り書きですが、このあたりで。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

PT戦に誘われて
カレーを箸で食べるレモハです、こんにちは。
カレーだけじゃなく、ゼリーも箸で食べます。

別に箸のほうが食べやすいとか、箸で食べないと落ち着かないとかじゃなく、単にスプーンが周りにないだけです

今日はGvがある日ですね。
今回はRememberギルドのマスターであるCherry.blさんのお誘いを受けまして、Gvとその後のPvPのPT戦をRememberの一員としてさせていただくことになりました。

せっかくのお誘いなので、いままで結構好き勝手やってた私ですが私なりに考えて本気でPT戦やってみようかと思います。
どこまでできるかワカランですが・・・。

私の他にwizさん何人くるかが問題です。

実際PT戦はあんまり深く考えたことはなく、いままで自分の装備と基本的なキャラの能力に頼りきっていた状態でした。
自分が楽しけりゃいいと思っていたので、攻めのSG:自陣SG=9:1くらいでした。
LP戦とそうでない場合ではやはり大魔法の置き方など変わってくると思いますが、他鯖からのお客様に紹介されたPPの情報交換スレというところにlokiのPPに詳しい方のサイトさんのURLが載っていたので参考にさせていただきたいと思います。

今日の午前0時まわったあたりで、萌ギルドさんにPT戦の誘いがあったので、そこで少し立ち回りを変えて試してみたりしました。
こちら教授が1人もいなかったので、LPなどの関係で不利になったりしましたが、、まぁ私1人しかLPに影響がでる職いなかったので本当の所どうだか分かりませんが。
自分から見てLPのあるなしは、死活問題なので、出されると不利だという風に見えてしまう所もあるのかもしれません。


今欲しいカード:ウィンドゴーストCヴァイオリーC

実際のところこのCのwizの使用価値はどうなんでしょう。
知っている方、情報を求む!

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。