れもはRO戦記
ラグナロクオンラインに特化した、きまぐれ日記や戦記。 個人でのHiwizに関する見解を書き連ねています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他愛もない雑記
私は高校の時の名残でいまだ長距離走を嗜んでいるせいもあり、タバコを1本すら吸った事がありません。
お酒は下戸なので元々あまり飲めません。
味わうのは好きですが、ごきゅごきゅ飲むのに抵抗を感じます。

そういえば、タバコには「主流煙」と「副流煙」があるのは誰もがご存知かと思います。
そして、下記の通り、毒性物質の含有量も「副流煙」のほうが「主流煙」よりもそれぞれ数倍の濃度があることも承知のとおりで、これをパっと見た人聞いた人は、

「フィルターで守られてる主流煙のほうが濃度が薄いのだから大丈夫だ」とかバカな事考える人とか少々いると思います。

物質名     性質       主流煙に対する副流煙の含有量
ニコチン     有害物質      2.8倍
タール      発がん物質     3.4倍
ナフチルアミン 膀胱発がん物質   39.0倍
カドミウム    発がん物質・肺気腫3.6倍
ベンツピレン   発がん物質     3.9倍
一酸化炭素    有害物質      4.7倍
アンモニア    有害物質      40~120倍
ニ卜ロソアミン 強力な発がん物質 52.0倍
カドミウム    前立腺がん・白血病・肺がんと相関 3.6倍
窒素酸化物(NOX) 毒性      3.6倍

そして
「副流煙」のほうが数倍の濃度があるのだから、吸ってる人より周りでケムってる吸ってない人のほうが危険だ」
とまで言う人もいると思いますが、
というか実際います。

1秒くらい考えると、「副流煙」は大気の拡散作用で薄められる上、「主流煙」はフィルターを通してはいるが、お口にダイレクトに投与されている訳であって、しかも「副流煙」の分も、周りの人に負けないくらい喫煙者自身も吸っているということになるのです。
答えは、お分かりの通りです。

何が言いたかったかといいますと、某み○も○たさんが、昼間っから
「どれくらいの認知水準にある研究結果情報か分からない報告」をいかにも、世間の一般論の如く喋っている姿を見て、ちょっと危機感を感じたからです。

グラフというのは非常に恐ろしいものです。
最もらしいグラフを見せると、その分野に疎い人はほとんど信用してしまうと思います。
グラフにするとどんな裏づけもない研究報告が忽ちにして真実性を帯びてしまいとんでもない説得力を持つようになります。
真実と信用性、虚偽と疑念の目を持つことも重要なのです。

医学的な研究報告の信頼性は、
1、具体的な研究に基いているか。
2、研究対象はヒトか。
3、学会発表か論文報告か。
4、定評のある医学専門誌に掲載された論文か。
5、研究デザインは「無作為割付臨床試験」や「前向きコホート研究」か。
6、複数の研究で支持されているか。

軽くこれだけの項目の是非を調査して初めて、結果をとりあえず受け入れます。
しかしまだ将来結果が覆る可能性もあります。

一般人に色々な情報端末から流れてくる様々な情報について一々ここまでできるわけないですから、常に疑いの目を向けることが大切だということが言いたかったわけでございます。

どこぞの名誉教授の太鼓判があった、テレビで有名人が「これをこれに使ったら効能があった!」とかで信用してしまうのは危険です('-'*)

はい、ROと全然関係ございませんよね
RO特化の日記という銘が早くも崩れ去ってしまっています|ω・`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
俺もたばこ一度も吸った事ないよ!
絶対吸わずに生きてやるー
副流煙もテレビというメディアも怖いね・・・
2006/02/14(火) 21:46:27 | URL | kyon #yQgH/bnY[ 編集]
タバコを否定はしないけど、自分は吸いたくないなー。
今日こそはROの話題を・・
2006/02/15(水) 10:29:16 | URL | Lemoha #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。